講師紹介

TEACHER

当園では、国内外で長年モンテッソーリ教育に携わる伊藤初美先生を講師としてお迎えし、開園以来、同教育の実践において資質向上のために多大なるご尽力をいただいております。私たち大人は子どもに「教える」存在ではなく、「助ける」「援助する」存在です。そのためには、必要な知識・考え方を学ばなくてはなりません。伊藤先生の園児観察・職員研修を通して、私たちはモンテッソーリ教育の理解を深めております。

伊藤 初美 先生

上智大学 文学部心理学科卒 / 1977年 渡伊

― ペルージア国際モンテッソーリ教師トレーニングコース修了後、同コース助手・講師としてアジアグループの主任を務める。

― マリア・モンテッソーリの愛弟子である、マリア・アントニック・パオリーニ先生に長年師事し、モンテッソーリ教育教師養成所の教師として公認される。

― 1998年帰国後、パオリーニ先生が設立された横浜のマリア・モンテッソーリ教育研修所に勤務。

― 2000年、日本で初めてモンテッソーリ乳幼児コース(0~3歳)が開催(シルバーナ・モンタナーロ先生主宰)され、アシスタントを務める。

― イタリア在住から今日に至るまで、日本・韓国・台湾・イタリアで学会・セミナー・シンポジウム・講演・教育指導において活動を展開。また、帰国後は、講師として園内研修での教師養成に携わり、モンテッソーリ教育園の教育環境の指導を行っている。

シルバーナ・Q.モンタナーロ先生との出会い

Silvana Q. Montanaro

2004年4月の開園後、当園の講師である伊藤初美先生のご紹介により、2008年1月、イタリアの精神科医でモンテッソーリ教育の第一人者であるシルバーナ・Q.モンタナーロ先生(国際モンテッソーリ教師トレーニングコース0~3歳の所長)との出会いがありました。当園の開園にあたり、先生よりモンテッソーリの言葉を引用してこのような温かな励ましの言葉をいただき、モンテッソーリ教育の実践にあたり、たいへん勇気づけられました。

モンタナーロ先生の意志を引き継いだ伊藤先生の職員研修や園児観察は、私たちにモンテッソーリの教育理念に基づいて学ぶ機会や、日々の保育・教育面で大きな成果を与えてくれています。そして、モンテッソーリ教育の各分野でご活躍の幼稚園・保育園・各施設の先生方が見学・研修に来て下さるようになりました。また、私たち職員も国内の幼稚園・保育園を見学し、研鑽を積んでおります。

「真の人間の発達は、大学においてではなく、出生からの3年間が重要であることを思いださなければなりません。」

マリア・モンテッソーリ「創造する子ども」より

モンタナーロ先生

​直筆メッセージ